2017年9月24日日曜日

アナザーエデン リヴァイアサン討伐編

 久しぶりのアナデン記録。今辿異ガノが来てるようですが、同じ魚でもこちらの魚ゲームをしておりました。


 これはミニゲームの魚釣りなんですが、一連の流れとしては、魚の中でも強力なヌシを4匹釣る事で裏ボスである「リヴァイアサン」に挑戦する事ができ、見事討伐すると強力なユニットが入手出来るというもの。

 これだけを書くと簡単そうに見えますが、問題はヌシを4匹釣るまでの過程が非常に長いという事。MHFで例えるなら長期イベントクエストとほぼ同等、あるいはそれ以上の時間をかけなければ釣る事ができない…と言えば分かりやすいだろうか。
 ヌシが釣れるまではその辺の雑魚をひたすら釣る必要があるのですが、この雑魚がとにかく逃げる。「貴様は伝説のポケモンか!?」っていうぐらい逃げまくります。最近のアップデートで逃走率が激減したので非常にラクになりましたけどね。

 そしてヌシが釣れるようになったところで出現率が低い(レウスの尻尾から逆鱗を剥ぎ取るレベル)ため、かなり大変です。自分はエアポート以外は2日で全部釣ることができたのですが、最後のエアポートに1週間弱かかりました。エアポートの神曲に救われてるって感じです。


 で、そんなかんだで釣りを乗り越えてようやくリヴァイアサンが登場するわけです。


 リヴァイアサンと言えばFFですが、それに比べると全体的に機械っぽい見た目が特徴。開幕に大技をぶっ放してくるところも本家を意識しているように思いますね。非常に強力なボスですが、3ターン目と4ターン目は死亡要素の無い休憩ターンみたいなものなので、そこを利用してパターンを組めば難しくないです。


 で、コイツを討伐することで新ユニットを獲得。


 最終的な装備は竿Lv.28、次元針Ⅱ、マスターリールⅠ、ゴムうきⅠ。エアポート以外はスムースⅤで全て釣る事ができたのですが、エアポートだけは4連続で速さ逃走されたため、スムースⅤではかなり厳しいと思います(マスターでも1回逃げられた)。

 次元針Ⅱはマスターリールを目指しているうちに強化できましたが、ヌシが2匹同時に出現する事もあったので、出現率は割と上昇している様子。まぁそのときはスムースⅤだったので2匹とも逃げられてしまったが…。

 電車移動中の合間や休憩時間、そしてMHFの手が空いた時にコツコツ進めていたので1ヵ月半ぐらいかかりましたが、おかげで今夜はぐっすり眠れそうです。
web拍手 by FC2

2017年9月21日木曜日

【MHF-Z】辿異種ルコディオラ ガンランスソロ攻略





■使用装備

武器スロット2           Lv1     ●●  砲皇珠GX・白蘭, 砲皇珠GX・白蘭
ルコZXヘルム       (未)   Lv7 441 ●●● 砲皇珠GX・白蘭, 砲皇珠GX・白蘭, 砲皇珠GX・白蘭
藤ノ彩斧ZPスーツ     (未)   Lv1  0 ●●● ラヴィ射珠GX2, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ射珠GX2
ナルガGXアーム      (遷GX)  Lv7 419 ●●● ラヴィ射珠GX2, ラヴィ剣珠GX2, エルゼ剣珠GX3
茜ノ春刀ZPコイル     (未)   Lv1  0 ●●● アルミュ剣珠GX5, パシオ剣珠GX1, パシオ剣珠GX1
チアリムZPフット     (ガZP)  Lv1 398 ●●● 鬼穿剣珠GX3, ドラギュ剣珠GX4, ドラギュ剣珠GX4
服Pスロット2                 ★★  G幕無カフSA1

防御値:1258 スロット:●17○0 火:4 水:7 雷:-1 氷:8 龍:5

辿異スキル
巧流強化,スキル枠拡張+2,巧撃強化+1

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル
銃槍技【砲皇】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+2,一匹狼,氷界創生,巧撃
巧流,閃転,幕無,雌伏,(砲術師)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ランスに引き続きガンスでもやってみました。

 ランスより上方向に対するリーチが弱いために翼への精度は劣りますが、ガード突きからのスムーズなガードで咄嗟のノーモーションにも対応しやすい事、そして砲撃ブーストによる瞬発力のおかげで、安定感だけならランスより上っていう感じです。竜撃砲もかなり入れるチャンスがあるため、辿異ザザミと同じぐらい相性は良い。

 例によって細かい立ち回りは動画通りってことで、意識した点だけ書いてみる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■意識した点
・側面翼叩き付けは刹那→ガード突き→砲撃ブースト安定
 尻尾側へ吸い寄せられたら、地面からの砂鉄突き上げを刹那で対処(反射ダメージが尻尾に当たる)
   ↓
 その位置から翼の方を向いてガード突きを行うと翼に命中する
   ↓
 命中後に砲撃ブーストで再接近

 刹那によるダメージとガード突きによる翼への攻撃、そして砲撃ブーストで再接近と、全ての動作が無駄なく行える。

・ガード突きでコンボを〆る時は、回避受付時間の短さに注意する
 Zアプデで全体的に回避受付時間がかなり延長されているが、唯一ガード突きのみ変化しておらず、モーションで言えば「突いた腕を引っ込め始める~ガード体勢に戻って完全に盾を構え直す」までの間しかステップが行えない。
 そしてコンボの〆(3回目の突き)をガード突きで〆た後にステップを行わなかった場合、攻撃もステップも行えない硬直状態が1秒ほど発生する。ガンスはこの硬直中にガード不可攻撃が来る事で潰されてしまう事が多い。

 辿異ルコの場合だと800からの砂鉄串刺しが最もその影響が出る。予備動作中に翼をガード突きで攻撃しまくる→最後の3突き目の回避受付終了と同時に攻撃が被って死亡…というパターンが多い。

 このため、ガード不可攻撃が来ると判断した時点で、コンボの〆を斬り上げにしておくor攻撃タイミングを逆算してガード突きを出すことで調整していく。

・薙ぎ払いブレス後の後退には翼にダッシュ薙ぎ払いを当てる
 薙ぎ払いブレスの後にルコが後退するが、この後退した瞬間にルコへ向かって砲撃ブースト→ダッシュ薙ぎ払いを出す事によって、翼にダッシュ薙ぎ払いを当てる事が可能。
 ダッシュ薙ぎ払いはモーション値が割と高い上、砲撃ブーストでルコに再接近することも出来る美味しいコンボ。これを毎回決めるだけでもかなり討伐速度が違ってくる。

・岩落としには極竜滅砲を当てる
 開幕以外の岩落としには極竜滅砲が確定で決まる。流れとしては以下。

1.ルコが岩を落とすと同時に切り上げ着火
2.最初のガード判定で風圧を防ぐ
3.拡散型、及び放射型の場合はギリギリまでディレイをかけて装填→爆竜着火
4.爆竜のガード判定で咆哮ガード
5.後はそのまま弾装填してぶっ放すだけ

 切り上げから着火する事により滅竜が翼に確実に当たる。更にこの後にどんな攻撃が来ても反動軽減なしで対処可能。

・砂鉄串刺しは竜撃回避もできる
 予備動作に入ってからすぐに着火することで、即死攻撃も竜撃回避が可能。翼がかなり低い位置まで下がるおかげで翼にも命中する。ただし少しでも遅れると間に合わないので、狙ってやるのは難しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 あと動画ではやっておりませんが、2連爆風にも爆竜を合わせることが可能です。ガードに風圧を合わせるイメージで。
 ザザミもそうでしたがやっぱり極竜滅砲を当てられまくれるモンスは面白いですね。どのタイミングなら安全に撃てるだろうか?と試行錯誤しているのも楽しいです。
web拍手 by FC2

2017年9月10日日曜日

【MHF-Z】裸ソロで800辿異ルコを討伐してやった


 「辿異種の中でもひときわ強力」…その報告間違ってますよギルドナイトさん。




 というわけで!45分にも及ぶ死闘を制してきました。ミドは結局太刀をクリアしただけで挫折してしまったのですが、ルコはランスで何とか達成完了。

 猟団料理の火事場レシピに必要な何とかカニがなかったので非火事場でやってたのですが、体力MAXなら刹那ミスっても削りダメージで死なないので、打ち上げコンボ以外は意外と粘り強く戦えました。


 ルコで一番厄介だったのが「弾かれからの追撃」。翼と頭以外は紫でも弾かれるため、弾かれる→ガキン!となってる間にルコの追撃で死亡というパターンが多かったです。運がよければ弾かれてもすぐに攻撃を当てるor空振りして回避も間に合う時もあったりなかったりですが、基本は弾かれたら死を覚悟します。

 しかし、逆に言えば「弱点をピンポイントで突く」というランスの基本を思い出させてくれるモンスターでもあります。

以下、裸での注意点です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■裸での要注意攻撃

・吸引打ち上げ→磁力解放して追撃
 GHCルコからあるカッコいい追撃コンボ。これはガード性能2がないとガード自体できないため、裸は回避するしかない。
 タイミングはルコが飛び上がってからワンテンポ置いた辺りで回避。この手の打ち上げコンボ系の中では判定が若干長めなので、ギリギリまで引き付けないと当たる。非怒りでも同じタイミングで回避可能。

・立ち上がり超咆哮→砂鉄突き刺し
 これもGHCルコから存在するモーション。その場で踏ん張って軽く吠えるのが合図。

 この攻撃に関しては最初の咆哮さえ対処できれば問題ない。ルコが前脚を持ち上げた瞬間にガードで刹那可能。判定は一瞬なのでステップ回避でもOK。
 追撃の砂鉄はルコに密着していれば当たらないので、咆哮をやり過ごした後は、ルコが磁力を解放するタイミングに合わせて密着するように回避でOK。

・側面翼叩き付け
 位置によって回避タイミングが変化する特徴があり、裸では最もその影響を受けやすい。ルコの尻尾側に吸い寄せられたら遅めに回避。頭側なら早めに回避。判定自体は一瞬なのでタイミングさえ分かれば難しくない。ガードでもいい。

 また、実は判定が存在しない箇所があり、後ろ脚のつま先からハンター1人分ぐらい後ろに離れた位置がそれ。この位置だと何故か判定が無い。どう見ても当たってるのに無傷。翼破壊後の非怒り時は常にここへ陣取るようにする。

・空中岩落とし→風圧+咆哮
 開幕の確定攻撃。基本は刹那で対処する。タイミングとしては、風圧は着地したと同時ぐらい。咆哮はルコが頭を持ち上げた瞬間。刹那できると反射ダメージが翼にヒットするので美味しい。

・吸引→2連続超風
 これも刹那で対処する。

●1発目…翼がハンターを優しく包み込んだと同時ぐらいにガード。この時に斜め方向を向いておくと反射が翼に当たる。
●2発目…羽ばたいたと同時。1発目より若干早め。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 砥ぎ回数は秘伝書効果の「砥石全回復」を含めて8回(高速砥石5個+普通の砥石3個)。基本は斬れ味緑をギリギリまで使用し、側面ブレスが来たら砥ぐ。高速砥石を使い切った後はモドリ玉→BCで普通の砥石を使用。6個目で翼が壊れるため、非怒りになった後は普通の砥石も戦闘中に使用…という感じでやってました。


 翼破壊した時点でもう瀕死なんですが、回避タイミングなどが全てずれる上に何故か龍風圧が発生する攻撃も出てくるため、あんまり弱体化していない…というか、むしろ非怒りのほうが強い。怒り時の速度に慣れすぎてしまっているのと、そもそも非怒りとあんまり戦う機会がないせいだと思ってます。

 ルコ自体は抜刀ダッシュでの位置取り回避、ガード、フレーム避けの3つを全て駆使しなければ討伐できなかったため、戦法がワンパターンにならず裸でも楽しくやれました。1乙したけどクリアできれば問題なし!
web拍手 by FC2

2017年9月5日火曜日

【MHF-Z】辿異種ルコディオラ ランスソロ攻略

 ルコの動画撮りました。  

 最近の辿異種はそこまで練習時間を費やさなくても動画を撮れるようになってきてるのですが、特にルコはサクッと目標タイムが出ました。  
 武器種によって相性が分かれる相手だと思いますが、ランスなら辿異種で一番簡単。逆に一番難しいのはヒジキ。




 
 辿異種は岩がなくなった事ばかり注目されがちですが、それ以上にステップ頻度が減ったのが嬉しい点。お前は牙獣種かっていうぐらい連発してましたからね。

 さて最初に簡単…と書きましたが、そう思える理由の1つとして「カメラ操作を駆使する必要がない」というのが大きいと思います。
 例えば極みオウガとかもそうですし、辿異ミドの場合も視界外からの攻撃や炎上ブレスなどでカメラを駆使する場面が多かったですが、ルコの場合はその場で動かず攻撃することが多く、上記のようにステップする事も少ないためカメラをあまり使う必要が無い。だから簡単に感じるのではと思ってます。

 細かい立ち回りは動画をご覧頂くとして、こちらでは注意点などを記載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■多分注意点

・武器は毒
 防御率が極端に低いのか、または毒ダメージ自体が高いのかは不明だが、毒がめちゃ効くっぽい。進化よりも全然早い。

・立ち位置はルコの右側
→左ではなく右に立つ。右にいると薙ぎ払いブレスを誘発できるため、攻撃チャンスが増える。厄介なその場2連回転を封印でき、翼も狙いやすい。

・磁力で吸い寄せられる際は、ガードが捲られないように位置調整する
→例えば滑空ボディプレスが代表的。普通に身を任せて吸い寄せられているとガードが捲られる位置まで吸い寄せられる。ステップや向きで微調整をかけつつ捲られないように。

・磁力串刺し攻撃の回避タイミングは前脚の動きに注目
→翼よりも前脚を見るほうが回避タイミングを掴みやすい。一連の流れとしては、

溜め中に踏ん張っている
   ↓
串刺しをする直前に前脚を一瞬持ち上げる
   ↓
前脚を地面に付けたと同時に串刺し発生

 この流れの内、前脚を地面に付ける瞬間に回避でOK。ちなみに判定は一瞬なので回避性能無しでも回避可能。

・側面翼叩き付けは位置やルコの状態でガード・回避タイミングが変わる
→実は辿異ルコの中では一番厄介な攻撃。まずどういう風にタイミングが変わるかというと…。

●ルコから離れている場合:やや遅め(翼を叩き付けたと同時ぐらい)
●ルコと密着状態の場合:早め
●吸い寄せられた位置が尻尾側ではなく頭側(飛竜種でいう翼爪辺り):早め
●ルコが非怒りの場合:どのパターンでも早め

 上記のような感じ。厄介なのが磁力で吸い寄せられた位置によって回避タイミングが変わるということ。どの位置に吸い寄せられたかを瞬時に判断して回避しなければならない。恐らく磁力耐性を付けたときに一番楽になる攻撃だと思う。

・近距離にいる時に軸合わせ、サイドステップした場合、次は高確率で滑空ボディプレスが来る
→割と重要点。非怒り・怒り問わず、接近戦をしているときにルコが軸合わせをした場合、次の攻撃はかなりの確率で滑空ボディプレスが来る。そこを狙ってギリギリまで欲張ってもいいし、ボディプレスに備えて早めに離脱してもいい。

 ランスなら突っ込んでくるタイミングに合わせて刹那を顔面にぶつけたり、回避突きで頭を突きつつガードできたりする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 色々あると思いますが、基本は上記のような感じ。

 恐らく劇物+変撃をつけるともっと早いと思いますが、装備が組めずに断念。
web拍手 by FC2

2017年8月31日木曜日

【MHF-Z】辿異種ルコディオラ


シルエット発表時:これはレビか!?
正体判明後:えぇ、ルコかよ…

 こんなことを考えるぐらいルコは実装当時からあんまり良い思い入れはなく、尚且つタフいタフいと聞いていたのでどんなもんかとやってみたのですが、確かに体力こそ多い気はしますが、動き的にはけっこう好きな部類でした。


 超震動、超風圧、超咆哮の全てを使ってきますけど、ルーツほど極端に連発してこない&避けやすいので無くても何とかなる感じ。超風圧があると割と思考停止できる場面も多い。

 ランスなら翼を狙いやすいし、ガード強化があれば即死攻撃の串揚げも強ガードで防げるのでかなり相性は良い。2人でも角と尻尾込みで全破壊5分針できるし、もはや他の辿異とあんまり変わらーん。
web拍手 by FC2

2017年8月20日日曜日

【MHF-Z】★4辿異種ミドガロン 裸ソロ討伐【太刀】

 先週から挑戦していた辿異ミド裸ソロ。本日ようやくクリアすることが出来ました。

 …太刀でな!!




■使用装備

棘纏刀ローゼンラウド
ゼンラZZヘッド      (辿ZP)  Lv7 0
ゼンラZXメイル     (辿ZX)  Lv7 0
ゼンラZXアーム      (辿GX)  Lv7 0
ゼンラZXコイル     (辿ZP)  Lv7 0
ゼンラZXフット     (辿ZP)  Lv7 0

防御値:1 スロット:●0○0 火:0 水:0 雷:0 氷:0 龍:0

発動スキル
全裸ノ構

ーーーーーーーーーーーーーーー----------------------

 極ノ型太刀は少し触って放置してたんですけど、ミド太刀で改めて使ってみるとかなり面白い。何が面白いかっていうと瞬斬をガンガン使えるのが楽しい。他のモンスでは使いづらいモーションだけど、ミドの場合、瞬斬を使ってくださいと言わんばかりのモーションが多いので合わせやすい。

 そしてやってて思ったのはこういう裸縛りだと太刀のいなしのようにジャストガード系が強力という事。ランスでは厄介だった3連ブレスも太刀なら前転で懐に潜りこむことで簡単に回避可能なのも大きい。
 ミドと太刀の相性も良く、何となくP2Gのラー太刀に近い立ち回りです。

-----------------------------------

立ち回りとか攻撃対処法とか

・猫パンチ
 この攻撃は前転回避してはいけない(前転すると遅れてやってくる尻尾の削りに当たる)。基本は横回避。

・タックル
 タイミングを合わせて前転回避。回避後は斜め後方から突き→振り向いたら頭に鬼神斬り。バックステップ噛み付きが来たら右回避で直線状から離れる。
 
・バックステップ噛み付き
 フレームで避けるのではなく、直線状から離れるように回避する。この攻撃対策として、ミドに斬りかかるときは斜めか横から斬りかかるようにすると事故率がぐっと減る。終点付近にいる場合は、爆発のみいなしで防ぐ事も可能。

・瞬間移動タックル
 いなし→後ろに瞬斬が決まる。この後は高確率で振り向かずにノーモーション攻撃へ繋げてくる特徴がある。例えば本来なら自分を狙うはずのタックや飛び掛かりも全然違う方向へぶちかましてくる。これを利用して解放連撃を無理やり当てることができる。

 瞬斬を当てた後、すぐに避け斬りor鬼神斬りを当てる→解放連撃を発動。発動中はミドは明後日の方向に攻撃しているので安全というわけ。バックステップ噛み付きが来る場合もあるので、斜め後方へ逃げるように当てると安全。

・穴掘り
 貴重な砥石orドリンクタイム。どちらも必要ない場合はただの攻撃チャンスになる。ただし解放連撃を当てる場合、岩が落ちている場所へ移動しないように当てる。

・駄々っ子
 この駄々っ子こそ最強攻撃。特に後方にいる場合、尻尾の判定が強烈。
 ミドに密着している場合、反応できればいなしでガード→突き→その後は攻撃し放題。いなさない場合は胴体の削り判定に当たらないように突き→切り上げ→鬼神斬り1で止めておく。後方にいる場合は尻尾に当たらないように離れる。最後に飛びかかってくるが、これに当たらないようにあらかじめ軸をずらしておく。

・打ち上げブレス
 この攻撃が脅威になるのは開幕でやってきた場合。抜刀ダッシュで走り続け、地面が光ったらが前転回避で避けられる。中距離付近で誘発できれば近づいて斬り放題になるのでかなり美味しい。

・飛び掛かり
 前転or横回避。

・お散歩咆哮
 駄々っ子に次ぐ最強攻撃。お散歩中は削り判定が数回発生するため、密着しているときに来ると回避が困難。ただし近づいていればやってこない。中距離から接近するときの実警戒する。

・単発ブレス
 これまた厄介な攻撃。何がやっかいかというとブレスを吐くときの削り判定が厄介。これも近づいていればやってこない。

・3連ブレス
 一連の流れとして、胴体を一瞬だけ上げる→ブレスを正面→右→左へと吐く。この胴体を上げた瞬間に前転して懐へ潜りこむ。回避できれば攻撃し放題となる。

・空中ブレス→突進
 まずブレスは抜刀ダッシュで避ける(いなすと斬れ味が勿体ない)→突進をいなし→後ろに瞬斬。やや左側でいなすようにすると、瞬斬が尻尾に当たる(しかも中腹に当たっているのかヒットストップが大きい)。慣れると美味しい攻撃。

・地面炎上ブレス
 予備動作中に後ろへダッシュし、ブレスに合わせていなし→頭に突きが決まる。この後はノーモーションで攻撃が来るので警戒。怒り中でかなり美味しい攻撃。

・連続瞬間移動→ブレス
 瞬間移動中にマップ中央へ誘導しておく。普通にブレスをいなしても、ブレスの反動で射程外まで下がってしまうので、目の前に現れたら抜刀ダッシュで接近した上でブレスをいなすと、丁度いなしの突きが頭にジャストヒットする位置になる。
 
 ダウンしたら鬼神斬りを全発当てる→移動斬りで左に移動しつつ斬る→振り向きにまた鬼神斬り1or避け斬りまで決まる。

・炎竜巻
 遠吠え中は適当に斬っておく。竜巻は抜刀ダッシュで回避。ミドが飛んできたら斬り放題。


戦闘で意識したこと
・飛び掛かりや駄々っ子などミドが微妙に距離を離す攻撃の後、ターゲットとの距離が離れていると認識されるらしく、単発ブレスやお散歩咆哮など削り付きの攻撃が選択されやすい。普通のプレイでは問題ないが、裸だと全てが致命傷となるので、飛び掛かりと駄々っ子回避後は降り向きを狙わず、様子見する

・壁際で戦わないようにする。ミドと自分どちらが壁を背負っていても壁ズレによる事故が怖い

・超越秘儀は怒り中に発動、非怒りとなった後に六華閃舞を当てて強制的に怒り移行させる(非怒りのほうが強いため)

・斬れ味は緑になったらすぐ研ぎたいけど、斬ゲージが溜まりそうor溜まっているなら解放連撃を優先する

・胴体は硬いので絶対に攻撃しないようにする

・非怒り時に解放連撃を当てると、そのカウンターとして瞬間移動→突進をして来る場合がある。これをやられると対処が非常に厳しい(一応、いなしはギリギリ間に合う)ので、解放連撃は瞬間移動を対処後に当てるor瞬間移動が来そうなときは当てない。瞬間移動はミドの4回目の攻撃をキャンセルしてやってくるっぽい?

-----------------------------------

 事前の予想通り30分以上かかりましたが、六華閃舞を1発外してしまっているので、これをきっちり全発当てる事ができれば25分針もいけるのではないかと思っています。
 事前にガチ装備でやってみたら6ラスタぐらいだったので、ガチ装備と裸では約5倍ほどタイムが変わってくる感じですね。

 太刀の裸なんて滅多にやらないけど、今回のミドのように「振り向きに合わせる時に、足踏みを食らわないようにどの角度でどのタイミングから斬りかかるか…」など、裸ならではの丁寧な立ち回りができて面白かったです。


 というか…ランスでは3日間ぐらいやって20分生き残ればよかったほうなのに、太刀に変えたら太刀の操作練習込みで1.5日でクリアってどういうことやねん!!頭破壊も全然早く、太刀なら10分針の時点で既に壊れてました。


 もう今日から自分は太刀使いに転職しまs…おっと誰か来たようだ。
web拍手 by FC2

2017年8月18日金曜日

【MHF-Z】★4辿異ミド 裸ソロチャレンジ


 ジンオウガ以来の裸チャレンジ。何故ミドなのかと言うと、辿異種で一番雑魚だからに決まっている決戦場でリトライが楽なのと、カムの基本立ち回りを忠実に守れば倒せるのではないかと思った次第です。ミドはどちらかというとガードより回避寄りのモンスかと思いますが、実際、回避性能無しでも避けれる攻撃が殆どです。
 

 と言いつつも、現在の自分のPSですと20分生き残って頭破壊するので精一杯。他の辿異種と違って超震動や超風圧を使わないので何とかなりそうだけど、ならないかもしれないような…っていう感じです。

 死因の大半は3連ブレスが6割、残りの4割はバックステップ→飛び掛かり、足踏みに引っ掛かったり、刹那ミスによる削り死などです。何よりも3連ブレスがかなりヤバイ。どれぐらいヤバイかというと、予備動作を見た瞬間にミドに熱いキスをして口を塞ぎブレスさせないというアホな事を考えちゃうぐらいヤバイ。

 この時点でどれぐらい体力を削れているのか、あとどれぐらいで討伐出来るかは未知数なのですが、不退火事場の全力プレイでも6分は掛かるぐらいタフなのを考慮すると、恐らく40分前後は掛かるのでは…と思ってます。

 裸ディスを超える難易度ですが、もう少し粘ってみよう。
web拍手 by FC2

2017年8月15日火曜日

【MHF-Z】連続迎撃・頂戦1 ★4をソロで行ってみた

 今週から実装された「連続迎撃・頂戦1 ★4」。ようやく携帯機のような歯応えがありそうな大連続狩猟クエストが登場しましたね。ポイントとか報酬は一旦抜きにして、ソロで行ってみました。

 何回かやってみた感じ、15分以内にいければベストかなぁという印象。




■各討伐時のタイム
・エスピナス:5分50秒ぐらい
・レウス:11分台
・ドド:15分台

 部位破壊はほぼスルー。この中だとレウスに時間かかり過ぎかなぁ。バックステップ連発されると追い付けん…。

 このクエ自体は面白いのですが、1番手の辿異ナスが最初から警戒状態になっているのが厄介。ティガが開幕突進してくる程度ならいいんですが、これが辿異ナスだと話が別。遠距離からボーリングブレスを連発してきて非常に避けづらい&食らったら毒で一発という最悪のコンボ。お前はいつものように寝ていろ!

 今は上記の3体だけですので、いずれもっとクエが増えるといいですね。個人的にはザザミ→ギア→ミドの3連続が待ち遠しい。
web拍手 by FC2

2017年8月14日月曜日

【MHF-Z】辿異種ミドガロン ランスソロ

 ミドガロンと言えば一匹狼。実装当時は一匹狼が欲しくてたてがみが出ねぇ出ねぇ言いながら必死こいて狩っていたものです。

 自分はどちらかというとミド自体はあまり好きではなく(溜めブレスの本体判定やサイドタックルが鬼判定すぎる等)、辿異種も嫌な予感はしていたのですが、蓋を開けてみればしっかりと強化はされつつも上記の不満点が改善されており、戦いやすくなっておりました。☆3以降は決戦場ですぐ戦えるのもGood。





 新モーションはいくつか増えているものの、最終的にはカムや通常ミド同様、「ノーモーションの飛び掛かり、タックルに反応・対応できるか」が全てになってくると思います。
 この2つの攻撃の共通点としては「判定が後だし気味に出る」ということ。つまり予備動作こそ短いものの、それを確認してからでも判断できる余裕はあります。

 正面に立たないようにする…というのは難しく手数も減るため、ミドが攻撃移行するタイミングで様子見し、飛び掛かりorタックルなら引き付けて回避、それ以外ならそれに合わせて対応…という風に「次の攻撃は飛び掛かりかタックルが来る」と思ってやる感じ。慣れると回避後の位置取りのほうが難しくなる。


 他の新モーション対策は以下。

------------------------------

・打ち上げブレス
 近づいておけば当たらない。そもそも遠距離にいなければやってこない。モーションを見た場合、すぐに近づけば安全。攻撃後はそこそこ大きな隙が出来る。

・駄々こねアタック
 駄々っ子中は全身に判定があるが、1回ガードすれば攻撃し放題になる。中段突きなら判定を気にすることなく頭を攻撃可能。最後の飛び掛りは判定が甘く、近づいていれば当たらない。

・バックステップ→飛び掛かり
 新モーションの中では一番厄介。後方にいる場合はバックステップでミドをすり抜けるように回避。前方にいる場合は終点付近の爆発から逃げるように避ける。横・斜めならミドの直線状から逃げるように避ける。

・穴掘り
 岩を大量にばら撒くが、モーション出始めのミドの後方が安置。そこでガードストックや砥石は勿論、大剣の溜め4など大技を当てるチャンスにもなる。
 穴を掘り終えた後、顔に付着した岩を振り落とすが、それも後方には飛んでこない。

・連続瞬間移動→溜めブレス
 自分の前方へ飛んでくるのを利用して、瞬間移動中に戦いやすい広い場所へ誘導しておくといい。爆発は回避orダッシュガードして対処し、頭を攻撃してダウン。
 ダウン後は背中に中段突き×4→起き上がりにフィニッシュ突きまで決まる。

・瞬間移動→炎上ブレス
 範囲外へ逃げるのは難しいので、予備動作を見たら両側の炎上に当たらないように後方へ向かって抜刀ダッシュ→ブレスをダッシュガードで防ぎつつ頭を攻撃。

・炎竜巻
 予備動作を見たら、中段突き×1回→フィニッシュ突きがギリギリで決まる。消えた後は抜刀ダッシュ+前転回避で竜巻の範囲外へ退避し、飛んでくるミドを待ち構える。
 ミドは必ずマップの右側へと飛んでくるため、そこで待ち構える。

------------------------------


 Fコ無しだと6ラスタ討伐でした。辿異種の中ではタフめ。しかし火耐性無しでも十分いけるので、狩煉道に登場したら辿異種の癒し枠になってくれるでしょう。多分。
web拍手 by FC2

2017年7月23日日曜日

【MHF-Z】狩煉道 ソロで113ステージ到達

 今更ですが、MHF10周年おめでとうございます!自分がMHFを始めた頃はまだピチピチの中学生だったものですから、本当にあっという間って気がしますね。

 本日は1日中空いていたので、実装時からやってみたかった狩煉道ソロに挑戦。ルーツは全て回避する方針で100ステージ突破を目標に設定し、結果的に113ステージまで到達できました。

 時間的には途中で昼休憩を挟んだ分も含めて、約4時間半ぐらいだったと思います。


ついでに狩煉道の鬼もGET。鬼があるってことは神もある?


 記念すべき100ステージ目のボスはオルガロン夫妻でしたが、これがまた火力がえげつなく、カムの怒りタックルで即死していた実装当初の剛ガロンを思い出しましたね。序盤は問題ないけど、後半になったらガロン夫妻は避けるべき相手かもしれません。同じ2頭ならまだガルフのほうが捌きやすい。


 そして力尽きたときの詳細ですが…

1乙目…辿異ギアの溜め尻尾回転
2乙目…クシャのHCモーションの溜め滑空
3乙目…辿異ザザミの黄金の右

 ギアとザザミは単純にPSと集中力が足りなかったので納得はしてますが、クシャは滑空ガードにガ性2が必要な事を忘れていたという完全な凡ミスなのですごく勿体ない(G級モーションの滑空はガ性2不要なので余計に紛らわしい)。


 もう累計1000ステージになるほど狩煉道はやってますが、個人的には今の定期コンテンツの中では面白い方だと思う。最近戦ったモンスは勿論、殆ど行く機会がなくなっているモンスまで幅広く登場するので、今までの経験や知識などが無駄なくフル活用できるのがいい。

 また、ピンポイントの感想になるんですが、辿異レウスって火山だとバックジャンプ→エリア移動ラインから飛行…を繰り返すのであんまり好きではなかったんですが、狩煉道だとそういうのがないのも快適。もう今後の辿異種は全部このマップで戦いたいレベルですね。


 後は…欲を言えば、辿異種の中にしれっと辿異ミドなどを混ぜておいて、「素材はまだGET出来ないけど新モンスを先行体験できる!」みたいな、狩煉道ならではの遊び方が出来たりするともっと面白くなるんじゃないでしょうか。

 これも迎撃戦同様、今後の発展に期待ですね。
web拍手 by FC2

2017年6月25日日曜日

アナザーエデンその2

 最近のRPGってクリア後に裏ボスに行けたりなど色々隠し要素がありますが、アナザーエデンにもそれら同様、クリア後の特典がけっこうあるみたいです。今はクリア後に追加されるアナザーダンジョンのベリーハードを主にやってます。

 ベリーハードにもなると1戦だけでかなーり神経使いますが、大抵のボスは弱点が存在するので、そこを集中して叩けば育成キャラ込みの☆4主体PTでもクリアできる感じ。寧ろ道中の雑魚のほうがMP管理的な意味で難しい。

☆5が1体のみでもコンテ無しでVHのゼノ・ドメインを周回できる
 
 ストーリー第2部の配信が待ち遠しいですが、自分は魔獣王が仲間になるのを期待したいですね。どのゲームにも同じ事が言えるのですが、「敵キャラが魅力的」なのって良いゲームの証だと思うんですよね。

 特に「コイツは仲間になって欲しかったなぁ」とか「完全な悪ではなく、被害者でもある」みたいに感情移入してしまう敵キャラは大好きです。ファイアーエムブレムで例えるなら烈火のロイドとライナスでしょうか。あの2人を倒したくなかったという方も多いのではないでしょうか。

 ただロイド兄弟、そして魔獣王のように、仲間にならなかったからこそ逆に印象に残るのかもしれないですね。エクスデスのように完全に悪路線に振り切ってるヤツも好きですけども。
web拍手 by FC2

2017年6月24日土曜日

【MHF-Z】GR800 辿異種エスピナス ランスソロ




■使用装備

パンセZPヘッド      (ガZP)  Lv1 356 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
ブランゴZXメイル     (辿ZX)  Lv7 441 ●●● 真天槍珠・白虎, 真天槍珠・白虎, ラヴィ剣珠GX2
ナルガGXアーム      (遷GX)  Lv7 419 ●●● 焔嶽剣珠GX2, 焔嶽剣珠GX2, 緋嶽射珠GX1
マリジュZPコイル     (ガZP)  Lv1 398 ●●● ラヴィ狂射珠GX5, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ剣珠GX2
チアリムZPフット     (ガZP)  Lv1 398 ●●● ラヴィ狂剣珠GX2, 焔嶽剣珠GX4, 焔嶽剣珠GX1
服Pスロット2                 ★★  G氷界カフPA1

防御値:2012 スロット:●15○0 火:-5 水:9 雷:-8 氷:10 龍:9

辿異スキル
巧撃強化+1,纏雷強化+2,スキル枠拡張+1

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+2,一匹狼,吸血+1,氷界創生
巧撃,閃転,雌伏

------------------------------

■エスピナスの突進(と立ち位置)について
 エスピナスと言えば突進。ティガレックスを超える速度+テオ様もびっくりのノーモーションを兼ね備えた厄介な突進。通常個体やHC個体とは異なり、辿異種は頭の前に張り付く事である程度抑える事が可能です(イメージとしてはUNKNOWNやHCドラと近い)。
 ただし、完全には封印が出来ず、運が悪いと連発されます。

 頭判定(かち上げ)だと毒で即死しますが、胴体or脚判定ならば毒を受けず、火事場体力でも耐える。少し軸をずらしておけば勝手に胴体or脚判定になるので、基本位置は頭の前が安定。

■各攻撃対策
・立ち上がり3連ブレス
 予備動作を見たら抜刀ダッシュで腹下へ潜り込んで回避。3発目に合わせて回避突きで攻撃しつつ頭の前へ戻る。

・咆哮
 避けるかガード。正面は判定が非常に長いため、避けるならナスの後方か横で。

・角突き上げ
 右にステップ回避。左に行くと尻尾に当たる。

・噛み付き
 モーション自体は変わらないが、口元にエフェクトが追加されており、判定時間が長くなっている。左に避けると引っ掛かるため、基本的には右か後ろに避ける。

・デンプシー
 頭の前にいると使ってこない。逆に言えばデンプシーをして来るという事は、突進の誘発位置に立っているということにもなる。
 寝起き時にも懐にいるとデンプシーが選択される。寝起き時のみ誘発するのが理想。

・突進
 諦めるのが正解。

・尻尾回転
 HCドラと異なり、ナスは頭の前にいても尻尾回転してくる。普通に回避かガードすればOK。

・酔っ払いタックル→ブレス
 ナスの横か後方にいる場合しかやってこない。タックルは刹那で対処し、ブレス中の頭を攻撃。

・旋回上昇
 予備動作は非常に分かりやすく、その場で足踏みをするのが合図。本体の判定には密着しなければ当たらないため、基本的には風圧のみ対処していく。
 雌伏が貯まっていなければガード、巧撃を発動したければ回避と、自身の状態に応じて対処法を変えていく。

 地味に厄介な点として、攻撃後は若干前のほうに着地するため、連発される度にどんどん壁際に近づいていく。なので壁際に近づいたら一旦尻尾側へ移動し、仕切り直したほうがいい。

・石礫突進
 こちらも軸合わせの方法で事前に察知が可能。頭を向けるように軸合わせをしてきたらほぼ確実にこの攻撃がくる。

●その場で足踏みをする軸合わせ→旋回上昇
●頭を向けてくる軸合わせ→石礫突進

 上記のように判断可能。基本的には突進部分のみを刹那で対処し、同時に雌伏も回収していく。ガード後は近くに頭があるため、すぐに反撃可能。4突きフルセットで決まる。

・毒メテオ
 頭を破壊するまでは範囲外へ退避し、毒霧が消えたら頭を攻撃。メテオの降って来る位置は決まっており、ナスを中心とした十字地点に落ちてくる気がする。
 頭破壊後は地面爆発のみを回避し、後はずっと頭を攻撃し放題。

・ボーリングブレス
 雌伏・巧撃回収のチャンス。ただし壁際でこれをやってきた場合、ブレス本体を避けても自分のすぐ後ろでブレスが爆発し、それが当たる。ブレス本体をガードすることで爆発の判定も消えるため、壁際の時はガード安定。

・打ち上げコンボ
 予備動作こそ早いが、最初の打ち上げは回避とガードどちらでも対処しやすく、ここも雌伏・巧撃回収のチャンス。刹那を決めると反射ダメージが頭にヒットするため美味しい。
 2発目の薙ぎ払いは判定が長いため、ここは範囲外で一旦待機→攻撃後に抜刀ダッシュで再接近し頭を攻撃。この攻撃後は若干後退する。


■戦い方
・寝起きの攻撃は突進orデンプシーの二択。懐にいるとデンプシー、それ以外は突進が来る。突進はロスするため、ここだけ懐に潜り込んでデンプシーを誘発する。

・基本的には反時計回りで動く。時計回りだと角突き上げの尻尾に当たる。

・頭の前に立つ時は、真正面に立つのではなく、やや右側に軸をずらした状態にする。こうすることで旋回上昇と石礫突進が見分けやすくなる。

・耳栓強化が無い場合、非怒り時は絶対に正面に立たない(咆哮の判定が長いため)。今回の装備では耳栓強化がないため、非怒りは横から攻撃し、怒り移行の咆哮は回避orガードで対処する。

・瀕死のターボ化は気合で乗り切る。

------------------------------

 Zのアプデ当初はヒィヒィ言いながら武器を作ってましたが、慣れれば突進以外は見切りやすく、戦いやすい相手。PTでやるなら煽動付けた人が頭に張り付いておき、残りのメンバーで部位破壊を狙っていく戦法もありなんじゃないかなと思った。

 そういえば、10周年記念の「おやすみエスピナスTシャツ」。自分はLサイズを予約しておきました!
web拍手 by FC2

2017年6月17日土曜日

アプリの「アナザーエデン」が神ゲーでした

 「アナザーエデン」というアプリを数週間前からプレイしており、本日クリアしたのですが、これが素晴しいRPGゲームでした。




 会社の方に紹介して頂いたのをきっかけにダウンロードし、最初はモンハンの合間にやっていたのですが…気付いたらこちらの方がメインになっていたぐらい夢中に。ゲームとしては1人用のアプリゲームなのですが、普通に3DSやPSPなどの携帯機ソフトとして販売されていても違和感がないぐらいですね。

 タイトルにある「時空を超える猫」も、どの辺が猫なんだろう?って思っていましたが、ラストで伏線を回収してくれて「そういう意味だったのかぁー」と納得。それと同時にタイトル名のアナザーエデンにも実は深い意味があったことがわかります。

 ストーリーや戦闘も作り込みがすごいですが、個人的には時代毎に戦闘BGMが変化するのも良いところ。特に未来編のボス戦BGMはかなり熱くなれます。


 バッテリーの消費が気になったり、キャラ一覧が多少見づらかったりなどいろいろ改善点はあると思いますが、一度遊べば必ず記憶に残る…そんなゲームだと思います。RPG好きな方には是非オススメします!
web拍手 by FC2

2017年6月10日土曜日

【MHF-Z】辿異ギア vs 棘刺槍ローゼンスイン





■使用装備

パンセZPヘッド      (ガZP)  Lv1 356 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
ブランゴZXメイル     (辿ZX)  Lv7 441 ●●● 真天槍珠・白虎, 真天槍珠・白虎, ラヴィ剣珠GX2
ナルガGXアーム      (遷GX)  Lv7 419 ●●● 焔嶽剣珠GX2, 焔嶽剣珠GX2, 緋嶽射珠GX1
マリジュZPコイル     (ガZP)  Lv1 398 ●●● ラヴィ狂射珠GX5, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ剣珠GX2
チアリムZPフット     (ガZP)  Lv1 398 ●●● ラヴィ狂剣珠GX2, 焔嶽剣珠GX4, 焔嶽剣珠GX1
服Pスロット2                 ★★  G氷界カフPA1

防御値:2012 スロット:●15○0 火:-5 水:9 雷:-8 氷:10 龍:9

辿異スキル
巧撃強化+1,纏雷強化+2,スキル枠拡張+1

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+2,一匹狼,吸血+1,氷界創生
巧撃,閃転,雌伏

------------------------------

 辿異武器で部位破壊をしながらやったらどれぐらいで倒せるのかと、何となく試していたら0分針達成。毒ダメージがどれぐらい通るのかは分かりませんが、ナス槍も十分強いですね。


■立ち回りっぽいやつ
・頭の前には立たないor早めに離脱する(理由は後述)
・基本位置は右脚~右脚と尻尾の間辺り
・尻尾先端に立つ場合はやや右寄りに立つ。連続噛み付きと半回転ブレスの出始めの尻尾判定は「左側」に強いが、右側はかなり甘め
・頭は転倒時にフィニッシュ突きを当てて破壊する
・溜め尻尾振り(低)と、絶対零度を回避した後は尻尾にフィニッシュ突きを当てる
・4連コンボは叩き付けとブレスの2つを刹那し、雌伏回収


 あと新モーションの内、以下の2つをピックアップして対処法を書きます。

・前方尻尾叩き付け
 このモーションの何が厄介なのかと言うと、尻尾を叩き付けた際の地面隆起で視界が妨害されること。特にアイスブレードを装備している際、1発目で視界妨害されているところに2発目を叩き込まれる状態となるので非常に回避しづらい。

 ただ、この地面隆起は正面こそ派手なエフェクトになるが、横は全く妨害されない。そのため、予備動作を見た時点でカメラを横に移動して対処する。
 2発目の回避タイミングは「右脚を叩き付けたと同時」ぐらい。カメラを横にすることで右脚も目視しやすい。

・4連コンボ
 攻撃判定が色んな部位に発生するので少し複雑。

1.噛み付き
 噛み付き自体の判定は正面~右胸辺りのみ。脚を踏み変えた時にも判定がある。頭付近の判定がかなり広く、尚且つ攻撃動作開始と同時に判定が発生するため、正面にいると回避が難しい。頭付近に立たないorすぐ離脱するのはこのため

2.尻尾薙ぎ払い
 判定は見た目通り。これには脚の削り判定はない。安置は…恐らくないと思う

3.尻尾叩き付け
 判定は尻尾正面のみ。脚にいると震動は食らうが、尻尾には当たらない。耐震強化が付いているなら攻撃チャンスになる。

4.ブレス
 ブレス自体の判定は見た目通りで、範囲はそこまで広くない。ただしブレスを撃つ直前に体勢を立て直している途中の頭にも判定があり、懐の右側にいると当たる。流石にダメージはブレス直撃よりも低いけど。

 基本的には右脚付近に立っておき、噛み付きと尻尾薙ぎ払いは回避、残りの叩き付けとブレスは刹那で雌伏回収のチャンスになる。

------------------------------

 ギアは刹那のタイミングが分かりやすいのもランス的には戦いやすくていいポイント。

 大分慣れてきたとは思いますが、2連尻尾振りの後にどの部位がどの位置に降りて来るのかが完全に把握できておらず、何となく狙ってやってるのがまだ甘いですね。ここを上手くできれば狙った部位にフィニッシュ突きを当てるとかカッコいい事が出来そう。
web拍手 by FC2

2017年6月7日水曜日

【MHF-Z】辿異ギア ランス4ラスタ到達


 ランスでも0分針はいける!っていうだけの記事。

 属性モリモリのTHEパラディンでも試してみましたが、今の立ち回りですとやはり進化のほうが早いです。
 ギアは比較的サイズが小さいため、パラディンはリーチシジルも外していた状態だったのですが、それでも進化には及ばず。


 サイズで思い出したのですが、辿異種はサイズ固定なのが良いところですね。

 TAになると理想のサイズが出るまでリタイアしないといけない場合があるし、特に韋駄天をやっていた時なんかは「サイズぐらい固定しろや!」とか文句垂れ流しながらやってた記憶がありましたが、辿異種ならその必要がないので、常に同じサイズの立ち回りを詰められる。これが良いところだと思います。
web拍手 by FC2

2017年6月4日日曜日

【MHF-Z】辿異種ギアオルグ ランスソロ攻略





■使用装備

パンセZPヘッド      (ガZP)  Lv1 356 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
ブランゴZXメイル     (辿ZX)  Lv7 441 ●●● 真天槍珠・白虎, 真天槍珠・白虎, ラヴィ剣珠GX2
ナルガGXアーム      (遷GX)  Lv7 419 ●●● 焔嶽剣珠GX2, 焔嶽剣珠GX2, 緋嶽射珠GX1
マリジュZPコイル     (ガZP)  Lv1 398 ●●● ラヴィ狂射珠GX5, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ剣珠GX2
チアリムZPフット     (ガZP)  Lv1 398 ●●● ラヴィ狂剣珠GX2, 焔嶽剣珠GX4, 焔嶽剣珠GX1
服Pスロット2                 ★★  G氷界カフPA1

防御値:2012 スロット:●15○0 火:-5 水:9 雷:-8 氷:10 龍:9

辿異スキル
巧撃強化+1,纏雷強化+2,スキル枠拡張+1

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+2,一匹狼,吸血+1,氷界創生
巧撃,閃転,雌伏

------------------------------

■新モーションの特徴・対処法

 新モーションの中でも特に厄介なのが「2連尻尾回転」と「GR800の4連コンボ」。どちらも予備動作が殆ど無く、攻撃力も高い。これをどう対処するかが辿異ギア攻略のキーだと思われます。

 しかし、上記2つの行動を含め、怒り中は新モーションは全て発動タイミングが決まっているため、タイミングを把握すれば立ち回りが一気に楽になります。

▼発動タイミングと特徴
 怒り中はアビや通常ギア同様、「狙った1人に3回攻撃→〆の大技」という流れになりますが、新モーションの場合、ある特徴があります。具体的には…

・3回攻撃中、必ず1回目にしかやってこない
・そして新モーションは上記の攻撃回数に含まれない(コンボ扱いにならない)
・例外として絶対零度のみ一定体力で発動。コンボ中でも中断して発動する

例:
・怒り中、最初に突進をしてきた場合、3回攻撃が終了して大技を発動するまでは新モーションを絶対に行わない
・「2連尻尾振り→4連コンボ」は有り得るが、「2連尻尾振り→突進→4連コンボ」などの組み合わせは存在しない
・怯みで回数リセットされるのは同じ。絶対零度でも回数リセットが行われる

 
 簡単に言えば、1回目に既存モーションをやってきた場合、そのコンボ中は新モーションをやってくる事はありません。

 なので怒り中は常に最初のモーションに注意し、それが新モーションであれば引き続き警戒。逆に既存モーションであれば、そのコンボ中は攻撃し放題となります。ちなみに既存モーションでも尻尾凍結も上記に当てはまり、1発目にしか凍結しません。

 注意点としては、2連尻尾振りのみ軸合わせ後にもやってくる可能性があるぐらい。1回目の攻撃前に軸合わせした!よし安全だな!→突然尻尾振りが来て死亡…ということもあるので、ここだけ警戒すれば大丈夫。

 上記を理解した上で立ち回りを組んでいきます。


■新モーションの対処法

・2連尻尾振り
 1発目は回避し、2発目をガード。ガード性能無しでもノックバック無しでガード可能。実は左脚には判定が無いが、左脚付近に飛んでくる攻撃も多いため、安置回避はあんまり現実ではない。

・4連コンボ
 噛み付き→なぎ払い→ビターン→ブレスのコンボ。噛み付き~なぎ払いまでに踏みかえる脚にも削り判定がある。
 1回目の噛み付きは右脚に張り付いていれば当たらないため、モーションを見てから判断する余裕ができる。
 なぎ払いとビターンは回避し、最後のブレスは反射ダメージを脚に当てるように刹那。

・前方尻尾叩き付け
 見た目はディノの叩き付けにそっくり。尻尾の状態により攻撃が変化し、尻尾が凍結していない場合はそのまま凍結を完了させる。凍結済みの場合のみ2連続で叩きつける。
 どちらの場合でも震動含め回避する。

・溜め尻尾回転(高)
 真後ろにいる場合は回転開始と同時に刹那が決まる。見た目よりリーチは無いため、中途半端な距離にいる場合はフレーム避けするよりも範囲外に逃げたほうが楽。

・溜め尻尾回転(低)
 とにかく尻尾先端に移動して攻撃する。この攻撃は位置によって判定が発生するタイミングが異なり、尻尾先端はやや遅れて判定が来る。つまり、モーションを見てから回避する余裕が出来る。

 尻尾が凍結している場合は、上段突き×4→フィニッシュ突きで破壊する。

・絶対零度
 恐らく、一定体力毎に発動。
 可能な限り怯みで潰す。尻尾が凍結していれば破壊して阻止、凍結していなければ脚怯みなど。片方の脚はノータッチの状態で残しておくと怯ませるのが楽。
 尻尾凍結があと1発で破壊できる状態であれば、ギリギリまで攻撃しておき、絶対零度を開始したら1発当てて阻止とかもあり。

■その他の細かい立ち回り
・尻尾先端には立たないようにする。既存モーションの半回転ブレスと連続噛み付きの出始めに尻尾判定が追加されており、真後ろにいると突然気絶させられる。少し軸をずらせばOK

------------------------------

 辿異ギアをやってると飛び掛かりの飛距離に笑ってしまう。エリア端まで届くとかやばない!?スーパーマリオもびっくりですよ。
 
 モンスターのこういう法則を見つけるのが好きなので、辿異ギアは久々に攻略っていう感じがして楽しめました。辿異種の中では断トツで好きですね。

 新モーション以外はアビや通常ギアでも見慣れてるシンプルな攻撃ばかりですが、立ち位置が大事だったり、位置取り回避も必要になってくるので、フレーム回避と位置取り回避を上手く両立できるっていう感じで面白いです。
web拍手 by FC2

2017年5月12日金曜日

【MHF-Z】位置取り回避とフレーム回避、どちらが好き?


 久々に至天ディスをやったが、やはりコヤツは面白い。変な追いかけっこモーションがなければもっと良い。
 ディスの何が面白いか?それは位置取りの大切さを教えてくれるところだと思います。


 モンハンの回避は範囲外に逃げて避ける「位置取り回避」と、無敵時間を利用して避ける「フレーム回避」の2種類がありますね。どちらかと言うとフロンティアはフレーム回避のほうが人気のようで、実際に新モンスターもフレーム回避を前提としたモーションがメインになってます。

 これはこれで楽しめてますが、最近は何でもかんでもフレーム回避ばっかりで位置取り回避をする機会がなくて寂しいなぁと、ダブルクロスをやっててつくづく思います。

 自分はどちらかというと位置取り回避の方が好きな人間で、じゃあ位置取り回避の何が楽しいかっていうと、安置を見つける楽しさだと思うんですね。

 例えば以下のようなもの。

・オルガロンの2連パンチは、1発目を左に避けると2発目が当たらない
・ドラの鉤爪叩き付けからの電撃。ハンマーなら溜めながらの移動で避けれたりする
・HC剛デュラの回転竜巻を、あえて左側に移動し、竜巻と竜巻の僅かな隙間に立って避ける
・ガルバの即死フラッシュを、1発目の猫パンチを範囲外でやりすごし、本命のフラッシュを密着回避
・ディスの攻撃全般
・ベターな物として、ラーデンプシーの懐安置など
・MHFではないが、P2Gウカムの潜行を歩き避け


 特に好きだったのがHC剛デュラの回転竜巻。竜巻には僅かに隙間があるため、ここを狙って避けるのがすごく面白い。素直に右側に避けるのが安全かつ楽ではありますが、デュラの攻撃は基本的に左側にいたほうが対処しやすい攻撃が多いため、この隙間回避を覚えておくとグッと立ち回りが楽になります。ちなみにミ・ルでも可能。

 またFでは未登場ですが、ウカムの潜行突進の歩き避けも有名です(背中を引っ込めたときを狙って避けれる)。上手いハンマー使いだと、歩き避けしたと同時に反転して溜め3スタンプを叩き込み、怯ませたり。これも潜行のモーション自体が変更されて出来なくなってしまったのが残念。

 フレーム避けも好きではあるのですが、どれも見た目を変えただけの衝撃波をずっと避けてるみたいな気分で正直飽きたかな…。
web拍手 by FC2

2017年4月7日金曜日

【MHF-Z】シャガルマガラ

 ついにMHFにもシャガルが出るみたいですね。


 シャガルと言えば、やはり地雷がどうなるかが気になるところです。4→4Gで少し改善されるのかと思いきや、余計にパワーアップして帰ってくるいう経緯もあったので、一体MHFではどうなるのか。上のスクショも右側にそれっぽいのが見えますし…しかも携帯機よりでかくない!?

 地雷が続投するにしても、例えば攻撃に付随して特定の位置にのみ発生するとかにして、ランダム要素はなくして欲しいですね。それだけでも非常に良いモンスターになりそうですし。
web拍手 by FC2

2017年3月29日水曜日

【MHXX】いつか見た幻日

 今作は通常クエに上位獰猛銀レウスいるのかーと思いつつ依頼文を眺めていたら、これがまた色々と考えさせられる依頼文です。


 モンハンは色んな依頼文がありますけど、こういう見方によっては遺書になる可能性がある物は珍しい。

 恐らく、この「彼」というハンターは狩り中の不意な事故で亡くなってしまったのではないでしょうか。そして、その突然の死を受け入れられなかったからこそ、妻は銀レウスを捜しに行ってしまった。

 「会える気がして…」というのも、銀レウスに遭遇した古代林が、2人の「思い出の場所」になってるから、もし彼が生きていたらその思い出の場所に来てくれるはずだと…そう思ったのでしょうね。

 会えないのは分かってるけど、きっとそれだけ彼が好きだったのでしょうね。

 まぁここまで考えて作ってるのかは知らんけど、色々と想像力をかきたてられる依頼文ですね。ちなみにクエスト依頼文はP2Gウカムが一番好きです。
web拍手 by FC2

2017年3月22日水曜日

【MHXX】鏖魔ディアブロス

 MHXXやってます。HR開放も完了し、現在HR51ぐらい。

 メインモンスターの1体「鏖魔ディアブロス」が出たので、行ってきました。
 

 二つ名モンスター最強とのことですが、実際に対峙してみたところ、初見でクリアしてしまいましたし、そこまでぶっ飛んだ強さではないように思えました(個人的には青電主ライゼクスのほうが苦戦した)。

 ディアブロスらしく体力・攻撃力は高いですが、原種と違ってあまり潜らず、突進後はUターンして戻ってきてくれる、大技後は威嚇を挟むなど原種より全然良い子。形態変化の要素も相まって、MHFっぽいモンスですね。

 まだレベル2までしかやってないので高レベルはどうなるか分かりませんが、今のところ全体を通して戦いやすく、好きなモンスです。二つ名モンスターの中でも別モンスレベルに変化しているし、BGMも良い。特に狂暴走状態のBGMは神曲です!

■メモ
・狂暴走状態の3連突進→水蒸気爆発は、3回目の突進に判定がない(正確には判定が出る前に突進が終了する)ので、そこに合わせてガードレイジをすれば簡単に黄色が取れる。
web拍手 by FC2

2017年3月16日木曜日

みまもり Switchのクッパ様が可愛い

 自分はどちらかというとマリオよりもクッパ様が好きです。マリオスポーツ系のゲームではマリオファミリーVSクッパ軍団みたいなオープニングがよく流れますが、無意識にクッパ様を応援している自分がいます。

 で、偶々見つけたこちらの動画。




 内容としては「みまもり Switch」というアプリを紹介する動画なんですが、アプリの機能はさておき、ここに登場するクッパ様が非常に可愛らしいです。

 小さいiPhoneを一生懸命操作するお姿、クッパジュニアをチラッチラッと様子見するお姿、ジュニアより自分の方がゲームを楽しんでそうなお姿…全てが最高!!

 動画の途中で少しだけロック画面が映るシーンがあるのですが、そのロック画面の壁紙がピーチ姫なのもポイントが高い。ジュニアの回想シーンで赤甲羅をマリオにぶつけてるのも意識してますね。

 アプリの紹介動画のはずなのに、いつの間にかクッパ様の宣伝動画みたいになってます。

 何が言いたいかというと、クッパ様が主人公のゲームを作ってください。
web拍手 by FC2

2017年3月10日金曜日

【MHXX】体験版 ベリオロスvsブレイヴランス

 配信日に1日だけ触って放置してましたが、今週はMHFも落ち着いているので、真面目に体験版をやってきました。こちらをご覧ください。




 おっと、うっかり間違えてしまったわ!




 現状7分台は安定して出るようになってきているので、ブレイヴランスを使ってみての使用感を肯定、否定の2つの観点で書いてみます。

------------------------------
○カウンターに続く待望のGP攻撃搭載!カウンターと違って3突き目でも出せるので、トライ時代のランスを思い出すぜ!
○盾払いは若干ではあるものの前進しながら出せるので、攻撃と同時に距離も詰めれる。カウンターとはまた違ったオラオラ感があるぜ!
○スタン値もそこそこ高く、頭が低いモンスならスタンも比較的取りやすい!
○攻撃動作も短く、素早いので隙がない!

×手数は増えるが、同時に斬れ味の消費も激しい。製品版は斬れ味のカバーも欲しい
×盾払いはシールドバッシュと同程度のガード性能しかないため、例えばベリオの尻尾振りで平気でノックバックが発生する。そのため、安定して使うにはガード性能必須かも
×ユーザーによってはボタンの同時押しがやりづらく、いざって時に不発しやすい

------------------------------
 
 ブレイヴを触ってて一番思ったのが「突進系で通り過ぎるモンスターとは相性悪いな」ってこと。
 例えばボルボやベリオの突進を盾払いで凌いだとしても、その時点で既に通り過ぎて後ろにいるため、せっかくの盾払いからの連携を活かしづらい。
 ですので、体験版の面子ではどうにもブレイヴランスの特徴を活かしきれないんですよね。

 とはいえ、今の状態でも試してみたい事が続々思い浮かんできます。レウスの振り向きに盾払いを合わせてスタン取ったり、オウガのお手を防ぎつつ頭を殴ったり、二つ名タマちゃんといちゃいちゃしたり…。

 一番の利点としては「攻撃動作の素早さ」。かなりクイックに出せるおかげでモンスターの小さな隙にも割り込んでいけるので、上手く噛み合った時の爽快感は中々のもの。手数を稼ぎやすいので、製品版では高属性や状態異常武器とも相性が良いんじゃないでしょうか。

 また、新しい狩技「治癒の盾」は盾払いでも効果が発動するそうなので、オンラインなら盾払いでスタンを取りつつ、同時に味方の回復まで行う…というサポート的な役目もできそうです。

 癖があるスタイルですが、可能性は十分秘めていると確信します。
web拍手 by FC2

2017年3月8日水曜日

【MHF-Z】極みオウガ ペア討伐(2回目)

 自分は素材集めで連戦する時は別として、普段まったりとクエするときはペアやトリオで遊ぶほうが好きです。というわけでソロの息抜きで極みオウガペアしてきました。


 前回の挑戦時と違って今回は祈歌武器が使えず、歌の効果も無し。更に自分が1乙する(しかも秘薬忘れ)という胃が痛くなるような展開。
 これだけ前回のペア時より差がありながらクリア出来たのは頭を狙う精度が上がったのと、相方さんのおかげだと思いたい!

 しかしながら、オウガに至ってはソロよりペアのほうが立ち回りが難しく感じますね。特に影響が大きいのがタケノコウェーブからの電光石火で、ソロなら確実に自分の手前に飛んでくるので刹那チャンスになりますが、ペアで相方タゲの場合、轢き逃げされることが多いです。

 ですので、相方タゲだと判断した時点で直線上からズレておくなど、オウガの動きだけでなく、常に相方の立ち位置や距離なども意識しながら動く必要があるので、その点が難易度を上げてますね。中々難しいところですが、同時に考える事も多くて楽しい部分でもあります。
web拍手 by FC2

2017年3月7日火曜日

【MHF-Z】極みオウガ ランスソロ

 
 タイトル通り、ついに極みオウガをランスソロ!!



 …討伐出来ませんでした。


 ガチャも回し、課金の実も使い、猛進込みで徹底的に火力を突き詰めましたが、マスト2から討伐には至らず…。

 こんだけやって倒せない相手はF4の覇黒以来。あちらは時限配信だったし、マラソンもあったので立ち回りを詰めづらい意味で難しかったですが、オウガに至っては立ち回りがほぼ完成に近い状態でこの様。

 以下、立ち回りや作戦だけ残しておきます。

■装備と立ち回り


・装備はコレに激励飯と尻上がりの実。回避性能の実と煽動飯でもいい気がする。

・武器は煌然。他の候補ではトラグ改もあるが、オウガは龍も若干通るし、物理面を考えると煌然が早い。

・今回のポイントは溜め威力UP+ふんばり突き。ふんばり突きを赤で出すとモーション値94になる。これで頭を狙っていく。

・ふんばり突きを狙うタイミングとしては、お手・ドーム前後・全方位ホタル回避後など。基本的に赤まで溜めて頭を狙う。

・極みオウガは通常個体より振り向き頻度が多いため、ここでもふんばり突きを当てていく。振り向かないときもあるため、振り向く個体を引くまで粘る。

・ドームのジャンプ中は頭の前で刹那を決め、反射ダメージが頭に当たるようにする。

・途中で斬れ味が落ちるため、隙を見てモドリ玉→砥石使用。ついでに回収バグも改善。猛進が解除されてしまうが、ランスならすぐに溜まるのでさほど問題ない。

------------------------------
 これで早ければ残り7:30で1回目のニフラム、4:40で2回目のニフラム。どういうわけか1回目より2回目のほうが遅くなりやすいです。雌伏も猛進もたまってるのに何故だ…。

 早ければ…と書いてある通り、実際は個体運がすごすぎて安定はしないです。遅い時は6:40とかだったりするし、更に後半は肉質硬化することも考えると、やはり現状は火力不足です。
 とはいえ、現状これ以上詰められそうな部分なんて無いし、正直に言ってもう新スキルで装備更新されるぐらいしか望みがない状態ですね…なんだかなぁ。

 あと思った事としては刹那の成功率が非常に大きく響きます。刹那は威力が高いだけでなく、肉質の柔らかい前足と頭に当たりやすいため、見た目以上に強力です。ぶっちゃけ刹那だけで3分の1を削っているといっても過言ではないぐらい。

 秘伝飯もほぼ尽きたし、もうすぐMHXXも発売ですので暫くは見たくないですが、忘れた頃にまた挑戦しようと思います。

 あ、そういや外装2枚しか取ってねぇや…。
web拍手 by FC2

2017年2月21日火曜日

【MHF-Z】G級ジンオウガ 裸ランスソロ 8ラスタ討伐



新スキル:全裸ノ構



>

 来るべき極みオウガ討伐へ向けて練習中。裸オウガなんてP3のイベクエ以来でしたが、Fのオウガも裸でやってみると意外と楽しい!久しぶりの原種だったので極みオウガでオミットされていた各攻撃がかなり新鮮。

 討伐までの流れなどは以下。

------------------------------

■討伐までの流れ
・1回目ニフラム…2:30ぐらい
・2回目の怒り…1回目のニフラム終了後にすぐ
・2回目ニフラム…4:30ぐらい(超帯電解除時は飛ばす)
・3回目怒り…2回目のニフラム後すぐ、または超帯電以降後
・4回目怒り…エリア移動後、1分経過後ぐらい
・3回目ニフラム…6分50ぐらい
・5回目怒り…最終エリア

 6回目の怒りが来る前に倒し切るのが理想。

 こちらをご覧になって頂けると分かるのですが、1回目のニフラムが2分30秒前後、そして2回目のニフラムが5分以内となっています。この討伐ペースは極みオウガと非常に似ているのです。

 つまり、裸オウガを10分以内に討伐できれば極みもソロで…まぁ行動運が絡むのでそう上手くいかないとは思うけど。

------------------------------
■怒り咆哮対策
 裸オウガで最大の壁となるのが足踏みの削り、そして怒り咆哮。
 足踏みは密着しなければ当たらないけど、咆哮は非常に厄介。予備動作が短く、携帯機と違って判定時間も長いので咆哮回避も無理。

 対処法は以下の4つ。

1.尻尾先端を攻撃して怒り移行させる
 オウガの咆哮は前方範囲に広いですが、後方は狭く、尻尾先端には届きません。ボディプレスなどで尻尾先端を向けている時が狙い目。

2.刹那の反射ダメージで怒り移行させる
 刹那で怒り移行を確認後、そのまま咆哮ガード可能。ついでにガードストックの回収も出来る。オウガは刹那のタイミングも分かりやすいので比較的狙いやすい。

3.突きを1発当てる→怒り移行後すぐにガード
 Zからのガード移行タイミング高速化により可能となった技。突きを1発だけ当て、怒り移行後にすぐガードが間に合う。
 ただし1発でも欲張ると間に合わない。怒り移行タイミングを予想しながら攻撃する必要があります。

4.使い捨て高級耳栓
 オウガは超耳ではないため、これでも防げます。一番安全かつ楽だけど、5個しか持てないため、6回目の咆哮が来る前に倒す必要あり。

------------------------------
■各攻撃対処法とか
・お手
 刹那チャンス。1回目にどちの腕からお手を出したかにより対処法を変える。左手開始なら1回目と2回目を刹那、右手開始なら1回目のみ刹那。

 また、戦闘中はお手の追尾性能を利用し、マップ中央へ誘導するようにする。

・お手→アッパー
 アッパーは必ず左手でやってくるため、お手から派生する際も左手の時のみ派生。つまり、お手が左手開始なら3回目、右手開始なら2回目のお手のみアッパー派生する。これを利用してアッパーが来るタイミングを予想。
 アッパーを避けるときは向かって左側へ回避。右側は判定が長く引っかかりやすい。

・バックステップ→アッパー
 アッパーは刹那。着地時の判定はステップ回避し、頭を突く。

・ボディプレス
 刹那→中段突き×4→フィニッシュ突きor回避突き。ガードストックがたまっていれば消化。

・サマーソルト
 避けて頭。壁際のときは着地時の判定に注意。

・尻尾叩きつけ
 右に避けて後ろ脚を攻撃。

・尻尾叩きつけ(大)
 亜種ほどではないが原種も厄介。側面に退避。前脚付近は判定が無いため、潜り込むように逃げると安全なときもある。
 この攻撃が怖いため、基本は真後ろに立たないようにする。

・雷光虫弾
 接近していればやってこない。

・瞬間移動
 こちらも接近していれば封印可能。

・雷光虫拡散
 予備動作を見たら抜刀ダッシュで一時離脱、その後に間をすり抜けるようにして最接近。

・威嚇→ジャンプ放電
 威嚇中は頭を攻撃→放電をステップ回避。回避タイミングは着地と同時ぐらい。

・落雷→放電
 落雷中はひたすら攻撃。放電は刹那で対処。刹那タイミングは顔を上げた瞬間。

・ニフラム
 ダイブ。

・頭突き(通常時)
 向かって右側に判定はないため、避けるときは右側へ。

------------------------------

 大体こんな感じ。足踏みが届かない距離を意識し、咆哮と刹那をミスらなければ難しくないかな。

 それにしても辿異武器を使ってるとは言え、裸の火力でも10分以内に終わるとはいい時代になりました。現在のMHFは辿異種以外は裸ぐらいの火力でやるのが丁度良い?体力かもしれないですね。遅すぎず、早すぎずで。
web拍手 by FC2

2017年2月13日月曜日

【MHF-Z】辿異ザザミの爪破壊ならお任せ! 焔嶽龍ノ槍

 ケオアルボルの素材が余ったので作ってみました。


 第一印象はとにかくデカイ。どれぐらいデカイかと言うとマイギャラリーに入ると天井に突き刺さっちゃうぐらいデカイ。広場で担いでいるだけでも圧倒的存在感を見せてくれるでしょう。


 G武器の中では攻撃力がやや低めになっており、更にFの爆破属性は全体防御率の軽減もあるためオマケ程度のダメージ。そのデカイ見た目に反してパンチ力は物足りなく感じるが、それを補うほど高い火属性が魅力的。

 上記のように属性で押す武器なので、シジルは属性優先がベストかな。癖が強い武器ではありますが、辿異ザザミの爪破壊で素晴しい活躍を見せてくれます。


 800ソロでも爪破壊込みで8ラスタで終わったりする。辿異ザザミの爪は辿異武器でも破壊しづらいのですが、ケオランスなら極長で楽に狙えるし、火属性の通りも良いので爪破壊も討伐速度もナス槍より断然早く相性抜群。爪を壊すだけなら最適武器かもしれない。
web拍手 by FC2

2017年2月1日水曜日

【MHF-Z】極ノ型ランス|ガードストックが超強化されている件

 

 本日のアップデートよりランスのガードストックが上方修正され、攻撃力UPの効果が延長されたとのことで、INして早速検証してきました。

 ランスが強化対象として抜粋された事自体が予想外だったので、延長されても30秒か1分ぐらいかなぁと思いつつ、ストップウォッチで計ってみると…約3分まで延長!今までが1分だったので、つまり3倍強化です。


 この3分というのが中々絶妙な時間で、ガード機会が多いモンスであれば3分経過する頃に丁度ガードストックが溜まるのでいい感じ。途中で発動しても笛の旋律みたいに効果時間が上書きされるようです。

 個人的には抜刀ダッシュ中の移動速度を上げて欲しかった気がしなくもないけど、これで益々ガードストックが輝きそうですね。


 あとリーチシジルの強化も確認してきました。


 上がリファイン前、下がリファイン後の数値。こちらはあんまり変化ないかな…。
web拍手 by FC2

2017年1月29日日曜日

【MHF-Z】極ノ型 片手剣で辿異ザザミのヤドをぶっ壊す

 友人と一緒に地道に進めていた片手剣の秘伝珠が本日完成しました。朱雀4と青龍1にしてしまいましたが、朱雀5でも良かったかな…。現在の装備はコレ。


 ランス装備の秘伝珠を入れ替えただけの使い回しです。

 とりあえずコレで試し斬りだ!というわけで辿異ザザミに行ってきました。そういえば片手剣って極ノ型で打撃の新モーションが追加されてたのを思い出し、どうせならヤド破壊も狙うことに。
 片手剣の極ノ型はあんまり慣れてないですが、ザザミ自体には慣れてるのできっと大丈夫でしょう。

------------------------------

結果


 ヤド込みでも9ラスタ。しかも非火事場。片手つえぇ…。

 ザザミとランスガンスとの相性の良さは既にお伝えしましたが、片手剣との相性も非常に良いです。ガードモーション見てから音爆弾もすぐ投げれるし、いざって時のガードもある。ぶっちゃけランスより相性良いです。いやマジで。


立ち回りとか攻撃対処法とか

・振り向き
 振り向きに合わせて、頭に回転斬りを当てる。その後怯んだら頭に追撃。怯まなければ右回避。

・デンプシー
 巧撃を回収するように回避

・水ブレス
 基本的には回避で対処。回転ジャンプ後は必ず2連続でやってくるのに注意。横側にいるならブレス時の爪を回避。後ろ側にいればヤドから漏れる水を回避。回避後はヤドにシールドブロウ。

・ブースト突進
 回避→ヤドにシールドブロウを当てる。壁際の場合はガードする。

・回転ジャンプ
 ジャンプを回避→後ろに回りこんでヤドを殴りまくる。

・かち上げアッパー→ボディプレス
 アッパーしてくる爪に突っ込むように回避。ボディプレスを避けた後はヤドを殴る。

・モードチェンジのボディプレス
 回避して頭攻撃。

・爪爆破→ガード→砂ブレス
 爪爆破は回避し、ガードに合わせて音爆弾。その後はヤドを殴りまくる。
 うっかりガード時に攻撃すると斬れ味が大変なことになりますが、爪爆破は必ず軸合わせを挟まないノーモーションでやってくる特徴があるため、軸合わせ動作を確認したら思いっきり攻撃して大丈夫。

・砂ブレス
 予備動作を確認したら右回避でOK。その後は抜刀ダッシュで追いかけてヤドを殴る。

------------------------------
 抜けてる攻撃もありますが、基本的にはこんな感じかな・・・。

 使ってみて分かったのは、シールドブロウは打撃武器として扱えるほど実用性があるということ。流石に純粋なダメージやスタン性能ではハンマーや笛に負けますが、片手剣の高い機動力で当てやすく、ちょっとした隙も狙っていけるので、勝るとも劣らずって感じ。

 例えば今度登場する辿異アクラ。ここでも結晶破壊の打撃役として片手剣が活躍出来るのでは?って思うぐらいですね。結晶破壊後もそのまま切断役として活躍できるし、素敵やん・・・。
web拍手 by FC2

2017年1月27日金曜日

【MHF-Z】極ノ型ガンランス VS 辿異種ダイミョウザザミ(GR800)





■使用装備

火竜猛銃槍リオフロガ     ●   砲皇珠GX・白虎
レウスZYキャップ     (未)   Lv1  0 ●●● ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ剣珠GX2
フルフルZXメイル     (辿ZX)  Lv7 441 ●●● ラヴィ射珠GX2, ラヴィ猛剣珠GX5, 砲皇珠GX・白虎
ヴォンGXアーム      (始)   Lv7 394 ●●● 砲皇珠GX・白虎, 砲皇珠GX・白虎, 砲皇珠GX・白虎
ナルガGXフォールド    (遷GX)  Lv7 419 ●●● ゲリョス射珠GX5, アクラ射珠GX4, アクラ射珠GX4
チアリムZPフット     (ガZP)  Lv1 398 ●●● オルドル剣珠GX1, ルコ剣珠GX1, ルコ剣珠GX1
服Pスロット2                 ★★  纏雷強化カフSZ

防御値:1652 スロット:●16○0 火:-4 水:5 雷:-7 氷:1 龍:10

辿異スキル
纏雷強化+2,巧撃強化,スキル枠拡張

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル(ランクアップ後)
銃槍技【砲皇】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,剣神+2
豪放+3,一匹狼,紅焔の威光+2,巧撃,閃転
雌伏,反動軽減+2,(砲術王)

 ガード性能は捨てた。この戦いにはついてこれそうにない。

------------------------------

■辿異ザザミの確定行動(GR800)

▼通常モード
・ガード→チラ見軸合わせ→水ブレス
・ガード→反転ジャンプ→水ブレス
・回転ボディプレス→威嚇→水ブレス×2

爆破モード
・ハサミ爆破→ガード→砂ブレス
・ガード→反転ジャンプ→砂ブレス

 もしかしたらまだあるかもしれない。通常モードの場合、何れも竜撃砲を確定でぶっ放せるチャンスになります。


■通常モードの確定行動には竜撃砲を

・ガード→チラ見軸合わせ→水ブレス
 ガードした後、その場でチラ見しつつモゾモゾ動いたらコレ。モゾモゾ動くのを確認したら竜撃砲を着火、そのまま水ブレスをガードポイントで防ぎつつ竜撃砲をぶっ放せる。

・ガード→反転ジャンプ→水ブレス
 こちらはガード後に若干硬直するのが合図。このパターンのみ爆竜をぶっ放せる。
 
 動作を確認したら、後ろを向いて竜撃着火し、ジャンプの判定をガードポイントで対処。続いて爆竜へ派生→直後の水ブレスを爆竜のガードポイントで対処しつつ爆竜発射。
 こんな感じで、ガードポイントを2回利用する。

・回転ボディプレス→威嚇→水ブレス×2
 まずボディプレスはステップ回避。威嚇するので砲撃ブーストで近づいて攻撃。威嚇後は確定で水ブレス×2が来るので、1回目をガードした瞬間に竜撃着火。そのままガードポイントで2回目を防ぎつつ竜撃砲発射。

 何れのパターンも安全に竜撃砲を撃てるだけでなく、同時に雌伏も回収できるので、かなり美味しい。


■モードチェンジ時には爆竜が決まる

 ザザミがモードチェンジする時に行う潜行→飛び出し。ここで爆竜が確定で決まります。手順は以下。

1.モードチェンジの予備動作を見たら、ザザミ1頭分ぐらいの距離を置く
2.完全に潜りきった(礫が消える)のを合図に竜撃着火→そのまま爆竜に派生
3.飛び出し時のプレス判定をガードポイントで防ぎつつ、爆竜発射

 
 これは通常モード→爆破モード、逆に爆破モード→通常モードどちらの切替時にも確定で決まります。攻撃後もザザミ側に隙が出来るので反撃を食らう心配もない。
 

■4連ハサミ叩きつけには極竜滅砲を!
 ザザミの大技の1つであるハサミ叩きつけ。一連の動作中はずっとザザミのターン中なので、通常は逃げるしか無いが、ガンランスであれば極竜滅砲を安全に撃てる最大のチャンスとなる。

 流れとしては以下。

1.1~3発目はステップ回避で対処
2.3発目を回避後、すぐに竜撃砲を着火。4発目(大振りのやつ)をガードポイントで凌ぐ
3.ガード後、爆竜轟砲→極竜滅砲へ派生し、そのまま発射

 極竜発射後、こちらの反動中にザザミが動き出すけど、カニ味噌モード中は遠距離攻撃を持たないため、どの攻撃が来ても対処可能。

 ちなみに極竜が撃てない状態であれば、砲撃ブーストからの連撃砲でヒットストップ回避も出来る。
 その場合は、3発目を砲撃ブーストで突っ込むように回避し、すぐに薙ぎ払い→連撃砲と繋げることにより、4発目の叩きつけをヒットストップ回避できる。

 
 以上がガードポイントを利用した竜撃特集。


■立ち回り

▼通常モード
・このモードは水ブレスによる反撃が怖いので、ガード突きを中心に刹那を混ぜつつ動く。
・ブースト突進は刹那or回避で対処→砲撃ブーストで追いかける。
・基本的には頭狙い。転倒狙いで脚を攻撃してもいいけど、脚には火属性が通らないため、ダメージ的には微妙。
・ヤド突進が怖いので、真後ろにはあまり立たないようにする。

▼爆破モード
・この段階ではガード突きを封印して水平突き、斬り上げメイン
・デンプシーや回転攻撃など、ツメが爆破する攻撃は、ツメの外側にいるとツメと爆破の2重判定になる。この影響でガードが捲られやすい。
・よって、上記攻撃はツメを避けるのではなく、ザザミの腕を意識すると動きやすい。
・砂ブレスは出始めに右ステップすれば簡単に避けられる。

 後は雌伏と巧撃を両立しながら動く感じで!

------------------------------

 ザザミ戦でかなり実感したのですが、竜撃砲のガードポイントが非常に便利。スタミナ消費しない上、ノックバックや削りも無い天槍顔負けのガード性能、何よりカウンター気味に撃てるのが気持ちいい。携帯機にも輸入してくれないかな…。
web拍手 by FC2

2017年1月23日月曜日

【MHF-Z】極ノ型ガンランスが楽しい



 最近、久しぶりにガンランスを担いだら面白くてすっかりハマってます。

 極ノ型ガンランスの面白みはなんといっても「砲撃ブースト」。Gになった時に追加された排熱ステップもかなり便利ですが、この砲撃ブーストはそれを上回るぐらい便利なモーションです。

 まず前方にステップできるというだけでも革命的。ステップ距離も長いので移動手段はもちろん、咄嗟の位置調整や緊急離脱用のアクションとしても使えます。特に纏雷発動時はクセになること間違い無し。
 ガード状態でも出せるため、例えばガード中にガード不可能の攻撃が来た時でも、砲撃ブーストを使って華麗に避けることが可能。それだけでなく、そのまま薙ぎ払いや竜撃砲へとスムーズに繋がるのも良い。

 MHFのガンランスは、ランスほど器用な立ち回りこそ出来ないが機動力が高い…みたいな位置付けでしたが、この砲撃ブーストにより更にその傾向が強くなりましたね。
 

 ちょっと気になる部分としては、薙ぎ払いが見た目より範囲が狭くて外しやすいことかな。自分が慣れてないだけかもしれませんが、特に先っちょの判定が弱い気がする。今ので当たらない!?みたいな。

 あとは他武器に比べると少し追加モーションが少ない事ですかね。これは次回アップデートにて上方修正される武器種に入ってる事を祈るのみ。


 まだまだ改善の余地ありって感じではありますが、全体的なガンランスのモーションは全作品でも間違いなくMHFが一番だと思います!
web拍手 by FC2

2017年1月17日火曜日

【MHF-Z】辿異種ドドブランゴ ランスソロ



■使用装備

ロウ・コラソン Lv.50
ウィンドGXアンク     (始)   Lv7 385 ●●● ラヴィ猛剣珠GX5, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
フルフルZXメイル     (未)   Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ射珠GX2
ナルガGXアーム      (遷)   Lv7 419 ●●● ラヴィ射珠GX2, ラヴィ射珠GX2, 真天槍珠・青龍
フルフルZXフォールド   (未)   Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, レイレス剣珠GX1, レイレス剣珠GX1
チアリムZPフット     (未)   Lv1  0 ●●● キニオル射珠GX4, キニオル射珠GX4, 司銀剣珠GX2
服Pスロット2                 ★★  纏雷強化カフSZ

防御値:804 スロット:●15○0 火:-3 水:8 雷:-10 氷:10 龍:5

辿異スキル
巧撃強化,纏雷強化+2,スキル枠拡張

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル(ランクアップ後)
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,剣神+2
豪放+3,一匹狼,吸血+1,氷界創生,巧撃
閃転,雌伏

------------------------------

■立ち回り

・通常個体は腹下に潜りこむ事で一方的に殴れたが、辿異種はケツダッシュの雪の判定がかなり長いため危険。よって前脚付近に立つ。ババコンガに近い立ち回り。
・ブレスorパンチ対策として、ドドブラが攻撃するタイミングで横ステップし、軸をずらす。
・SA状態では牙が破壊出来ないため、SAが切れる瞬間を見計らって突く。
・ボディプレスは本体判定を範囲外でやり過ごし、震動のみ避けるイメージで。
・その場ジャンプ→ヒップドロップは、非怒り時なら突き1回→ガード刹那が間に合う。怒り時は回避に専念。
・2連ジャンプは絶好の刹那&雌伏回収チャンス。

 注意点はこれぐらい。個人的に厄介なのはブレスとパンチ。
 この2つに関しては、ドドブラが軸合わせを行い攻撃移行をする瞬間にサイドステップで軸ずらしすることで対処可能です。

 ドドブラ軸合わせ→お見合い→次の攻撃準備(ここでサイドステップ)→攻撃…と言った感じ。パンチならそのまま回避できるし、ブレスなら連続ステップで範囲外に離脱→前脚攻撃で対処。

 ドドブラと言えば、HCモンスターの中では唯一新しいモーションがない(雪玉の数が増えただけ)不遇な存在だったので、辿異種でかなり出世しましたね。
 部位破壊はやりやすいし、動きも好きではあるのですが、バクステ連打されたりしてエリア移動ラインに引き篭もられたりすることもあるので、TA向きのモンスターではないかなと思いました。

------------------------------

■辿異ドド不具合

 フルフル同様、進行不能となる不具合があります。


・スタミナが「0」となっている。ガードしたり闘覇中など。
・氷耐性が「54」以下。つまり氷属性やられになる状態

 上記状態で打ち上げを食らった場合、打ちあがった瞬間にキャラが硬直し、そのまま進行不能となります。
 氷属性やられの効果としてスタミナが0になると凍結するので、恐らく、打ちあがる途中に凍結しようとしてこうなるっぽいですね。

 闘覇は百歩譲るとして、ガードは割と再現率高いんじゃないだろうか…。これは運営チームはランスガンスで辿異ドドをやっていない疑惑ですね。
web拍手 by FC2