2012年8月29日水曜日

20歳になりました

皆さんお久しぶりです。少し考える事がありましてブログを放置してましたが、本日より更新再開していく予定です。

 早いものであっという間に夏も終わりですが、そんな中、先日25日に無事20歳になりました。今までお世話になった沢山の方々へ素直にありがとうと言いたいです。ちなみに20歳になった瞬間何をしてたかと言うと、普通に寝てました。

 でも20歳になったからと言って特に嬉しいメリットもないのよね~。お酒とタバコは悩むし(てか飲む気梨)、自分の中で20代になった実感も余り無いし、正直永遠に10代でいたかった!


 気まぐれで中々更新しなかったり、愚痴や自慢にとれる記事も書いたり、MHF内では無口だったり愛想がなかったりもしますが、これからも何卒宜しくお願いいたします。

 最後に最近作った天嵐防具。



















ブリッツFホーン      (天)  Lv7  120  ●●● 匠珠, 腕力珠G
ウィンドFディール     (天)  Lv7  165  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 軽足珠G
ブリッツFアーム      (天)  Lv7  132  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ワダツミF【丸帯】     (天)  Lv7  144   ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ウィンドFペイル      (天)  Lv7  134  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 毒剣珠G
服Pスロット2                    ★★  猛毒剣カフPA1
防御値:695 スロット:■0□0●15○0 火:7 水:9 雷:8 氷:10 龍:4

攻撃力UP【特大】,見切り+3,回避性能+2,火事場力+2,猛毒剣+2
斬れ味レベル+1,麻痺半減,毒半減 







 
 
 何用かはお察しください。これでアイツを叩き潰す!
web拍手 by FC2

2012年8月8日水曜日

【MHF】第58回韋駄天杯 極龍高速討伐! ガンランス3鯖暫定3位



             3鯖暫定3位【7'58"46】

武器:リトストライカー(砲術珠G×2)
使用アイテム:携帯砥石、毒投げナイフ、眠り投げナイフ、支給用大タル爆弾、大タル爆弾、モドリ玉
砥ぎ回数:2回

            ______            / _,,、,、,、,、,、,、,、ヽ            l <        ヽ l            l l          | | < すべてのモンスターをクソにする韋駄天杯!!               l l         | |            |」 __  __  | |               ,r/  (・)|  |(・)   r-,           .l |     |_____|    | i            ー'    ___,,..ィ     :|ノ                    ,-            {:: ::  \_ノ ::: ::|                      { (^ヽ   r'⌒ヽ      ヽ:::::::...............::::::::::/\                  ∩ /- { (\   レ(ヽ \     /ヽ::::::::::::::::::::::::::ノ  \                /ノ/__ /  (\ )    \_ ノ ` ー- /  /.:/       , -⌒ヽ               /  ノ    ヽ \\
 「岩がなければルコは良モンス」、決してそんな事はなかった・・・。
 勿論、良モンスか糞モンスかは武器種や装備次第だと思いますが、実際じっくり戦ってみるとガンスの機動力では明らかに回避不可能な状況が多すぎる。正面では絶対回避できない地面隆起でスタミナを削られた挙句、そのまま突進からの起き攻めとかどうしろってんだよ。

 運営はこの装備でガンスノーダメで倒してみろっつうの。


モンスターデータ
ルコディオラ HP6400 防御率0.60(怒り時×0.90倍)

■今回の概要
 通常の下位固体と比較すると体力は落ちてますが、全体防御率が0.70→0.60に低下しているようです。これにより通常より怯み難く、ダメージ効率が遥かに落ちている為、1回540ダメージ与える毒が主なダメージソースとなる。
 毒維持を最優先するのは勿論、ルコディオラ自体の肉質も硬いので、竜撃砲の他に砲撃も適度に混ぜて立ち回る。突きはあくまで毒維持目的ぐらい。

例)切断が最も通る翼にガード突きと砲撃の比較
ガード突き:22ダメージ
砲撃:29ダメージ

 翼を攻撃できる機会が限られている事を考慮すると実際はより差が出る。

■各攻撃対処法
・咆哮
 避けて攻撃。向かって左側にいれば斬り上げが翼に当たる。

・旋回引っ掻き
 避けて突く。

・突進
 ガード、避ける。回避後に尻尾を突ける。

・飛び掛かり
 避ける。突進同様、こちらへ突っ込んできた後は尻尾を突ける隙がある。

・バックジャンプ
 ルコの後方にいると高確率で繰り出して来る。この後は大抵ノーモーションで攻撃が来るので、若干軸をずらしながら納刀して仕切り直し。

・サイドステップ
 軸合わせ判定が同時に行われ、サイドステップ直後に予備動作無しで即攻撃してくる。機動力の高い武器なら軸をずらしつつ様子見・・・が出来るが、鈍い槍系は正面から攻撃を受けなければならない。
 下手に斥力を回避すると密着状態になってしまうため、あえて反発されることによって距離を離したほうが安定する・・・かも。

・尻尾薙ぎ払い
 避けて尻尾に斬り上げ。

・飛び掛かり引っ掻き
 1発目は位置取り回避。2発目の判定を避けて尻尾攻撃。

・瓦礫飛ばし
 当たりモーション。尻尾側にいれば尻尾攻撃→斥力回避後に竜撃砲など。

・回転攻撃
 当たりモーション。1発目を位置取り回避し、2発目の尻尾を回避しつつ攻撃。

・連続引っ掻き
 前脚よりも同時にしなる尻尾が厄介。この尻尾は前脚を引っ掻く側と同じ方向にしなる(右脚で引っ掻いた場合、尻尾も右側にしなる)ため、引っ掻いた前足と逆側に回避すれば尻尾も当たらない。引っ掻く向きは全て決まっており、必ず右→左→右→左→右の順に引っ掻く。
 非怒り時は全てステップ回避。怒り時は1~2回目は位置取りで回避し、3回目を繰り出す直前に突き→すぐに右側へ回避して尻尾側へ回り込む。最後に4発目のしなる尻尾を回避、5発目は当たらない。攻撃終了後に戻ってくる尻尾に斬り上げが当たる。

・地面隆起
 ルコ最大の糞モーション。前転可能な武器なら横方向に避けるだけで当たらないが、ステップ回避しかできない槍系だと基本的にガードするしかない。モーション直前に軸をずらしていればステップor踏み込み突きでギリギリ避けられる場合もあるが、大抵は引力に引き寄せられて食らう。使用頻度も高く、連発されると正直どうしようもない。

・磁力ビーム
 横に張り付いている時は当たりモーションだが、正面、特にサイドステップから繰り出されると絶望的。右側にいれば出始め部分を回避後、往復してくる前に頭側へ踏み込み突きでギリギリ振り切れる。

【空中】

・旋回
 引力で接近しつつ攻撃、着地時の斥力は回避しつつ張り付く。

・尻尾打ち
 非怒り時は割と当たりモーション。怒り時は尻尾に引力が発生し、更に地面隆起するので攻撃範囲が広くなるが、離陸時に斥力が発生し、斥力による反発で勝手に範囲外へ移動できるので実はあまり脅威ではない。

・ボディプレス
 「攻撃確定時、標的がいた地点」に目掛けて攻撃してくる浮遊とボディプレスの2段構え攻撃。この内、最初の浮遊攻撃に関しては当たり判定が相当狭く、少し後方に下がると浮遊攻撃が当たらない。更にこの動作に合わせて斬り上げや砲撃を当てたりできる。
 これを利用して予備動作を見たらすぐに後退→浮遊して接近するタイミングに合わせて斬り上げor砲撃を当てる→直後のボディプレスをフレーム回避し、頭を攻撃する。

・滞空ブレス
 磁力状態でなければ攻撃チャンスになるが、基本的に砥石タイム安定。ちなみにブレス着弾前にガードするとブレス本体を消滅させることができるが、結局そこまで立ち回りは変わらない。


■今回のポイント
・開幕は毒ナイフ投げずにダッシュして即竜撃砲。
・怒り移行の目安は1回目1:10以内、2回目は3:50以内を目標に。
・睡眠起爆はエリア移動直前、かつ非怒り時に(怒り時は防御率が下がるため)


 ギリッギリの7ラスタ・・・8分の壁を越えた先が全く見えずに終わりました。自分の予想では8分切るか切らないか辺りが1位ではないかと思ってましたが、どうやらTOP勢は30秒台までいってる様子・・・。この手のガチ戦闘は相当自信あったのに、ここまでガッツリ回して追い付けなかったのは始めてかもしれません。

 全鯖順位では2回目更新の10位から約20秒ほど更新してますが、自鯖3位では全鯖10位以内に残ってるかどうかも危ういです。

 今回ばかりは完敗!疲れた!
web拍手 by FC2

2012年8月2日木曜日

【MHF】特異固体グレンゼブルに行ってきた

良い意味でも悪い意味でも楽しみにしていたHCグレンゼブル。早速行ってきました。

 BCスタート、頂上に到達すると降りてくるのは従来と一緒。見た目は角がより巨大化している以外は良く分からず、外見の変化はヴォル並みに少ない気がします。・・・夜で見難いせいだと思いたい。

 ひとまず数回行ってみて気付いた点、新モーションとか。

・角突き刺し→打ち上げ
 PVでも披露していた攻撃。ガード2でも削られる。判定時間は相当短く、突き刺すと同時に回避で安定。かなり適当なタイミングでも避けれたので恐らく回避性能不要。

・デンプシー
 角で地面を抉りながらタックルを繰り出すデンプシー攻撃。攻撃中は完全にグレンのターン。尻尾先端までしっかりと判定があり、更に若干前進しながら繰り出すため、攻撃終了時に距離が離れて追いかけるのが少し面倒。逆に言えば勝手に背後を取れるので自然と尻尾攻撃チャンスになる。

 あと1回目の怯みで尻尾破壊できた気がする(デュラ同様に調整されているのかも)、体力はあまり変化なし。



 早速戦ってみての感想ですが、個人的なHCモンスター完成度は・・・

 良←テオ>ドラ=クシャ>>>茶ナス>グラビ=ガロン>グレン>>>>ババ>超えられない壁>>>>ラー→悪

 あくまで主観ですが、一通り戦ってみてHCモンスターには「戦いやすく調整されたモンスター」「ストレートど真ん中級の純粋な強化が施されたモンスター」の2パターンがある気がします。実際戦ってみると良いモンスターと悪いモンスターの差が激しく、自分が好きな敵の大半は前者に分類されるモンスターです。後者も面白いモンスは居ますが、悪い部分が強化されてしまい、好みが分かれるモンスが多い感じです。今回のグレンは中間辺りですね。

 特にHCで最も改良されたであろうテオはハメれば美味いし、ガチれば楽しいと個人的にHCモンスでは最高傑作の完成度。相方であるナナをHC化する際もテオを基準に強化してくれればノーモーション突進も消えて中々戦い甲斐のある良モンスになりそうです。

 グレンの紹介だったのに、テオの紹介の様な記事になってしまった・・・。
web拍手 by FC2